私たちの爪や手肌は弱酸性です。

なぜ弱酸性であるかというと、菌の繁殖を抑え、保護するからです。

人間の肌や爪がもっとも安定して 丈夫な状態を保てるのは

pH値が4.5~6が弱酸性の時

もっとも身体に優しい状態です。

という訳で、爪に最初に塗るベースジェルについてリトマス試験紙で調べてみました。

【リトマス試験紙】はph値を色で識別します。

 

爪を削らないで使うベースジェルは、今一番ネイルサロンで使われています。爪を削らないでベースジェルを塗るので、爪を傷めないという理由からです。

その爪を削らないで使うベースジェル、なんと強酸性の物がほとんど。。これでは爪に良いわけはありません。

酸が多く入っているという事は、ある意味、爪を錆びさせてしまう、溶かしてしまう、老化させてしまうという事です。

これはかなり深刻です。

そんな、強酸性のベースジェルに弊社の美肌ネイルエッセンスを加えると

なんと弱酸性に変化します。

pH値2pH値5になりました。

日頃の身体お客様や私たちが感じていた実感は再び確信へと変わりました❣️

美肌ネイルエッセンス入りのベースジェルで爪が丈夫になったり、手肌がしっとりしてくるのは弱酸性であるという事も理由のひとつの様です。(その他に大学で検証した結果もあります)

 

身体に優しいジェルを是非ご使用下さい!